海外研修制度

海外研修、忘年会旅行

変化に対応できない、対応しようとしない人間も企業も、生き延びることはできない。
あらゆる状況下において、適応できる人材、判断できる人材の育成を目指します。
海外研修制度
目的 「人間としての幅を広げる、よい思い出をたくさん作る、リフレッシュする」
渡航先 海外
期間 1 年 1 回、 5 月頃
対象 全社員
条件 海外で日本人の恥となるような行動をせず、国際人としてマナーを守れること。
内容 これは遊びです。皆で行くリフレッシュ休暇です。レポート提出も何もありません。 ただ単に、海外各地の自然、 歴史、 文化、民族、慣習に触れ、自分なりに何かしらを感じとってくれればいいです。
実施理由 あなたが、スペースシャトルに乗り、宇宙から地球を眺めている場面を想像して下さい。日本列島のほぼ中心に小さく栃木県が見えます。その小さく狭い地域で私たちは日々生活しています。しかし、この地球上の1 点だけにとどまっていていいのでしょうか?毎日懸命に働いてくれている皆さん、飛行機に乗って出かけましょう。世界中の色々なものを観に行きましょう!

みなさんもご存じの通り、一緒に旅行した人とは、何故か普段とは違う親近感が湧くもので、本当の仲間になれます。これは良いコミュニケーションです。
旅行には様々なトラブルや失敗もあります。安ものを買わされた、迷子になり皆に迷惑をかけた、貴重品を盗まれた、疲れてわがままになりケンカをした、レストランのメニューが全然読めない…当社の長い旅行の歴史の中でも色々な失敗談があります。どれもこれもが勉強です。
下手な英語が通じた、身振り手振りでも外国人と意思疎通ができた、現地の人が親切にしてくれた、素敵な人が微笑みかけてくれた、家族に記念のお土産が買えた!些細なことですが、それだけでも忘れられないほど嬉しいものです。
すごい世界遺産を見た!この国の食べ物は日本人の口に合う!この街は物価は安いが治安が悪くて楽しめない、このホテルは感じが良い。時速430キロのリニアモーターカーに乗った!トレビノ泉でスリから財布を守った!これ全部が体験です。
さあ皆さん、行ったことのない国に出かけましょう!
渡航歴(海外研修のほか、国内忘年会旅行を含みます)
2017年 アメリカ (サンフランシスコ ・ ラスベガス)
忘年会旅行(計画中)
2016年 四国・瀬戸内・倉敷
長野・戸倉上山田
2015年 グアム
2015年9月東日本豪雨災害により忘年会旅行を自粛
2014年 石垣島ほか八重山諸島の島々
大津港、那珂湊
2013年 函館 …社員アンケートの結果、海外ではなく北海道になりました(^^)
会津
2012年 ソウル
長崎
鎌倉三浦
2011年 山梨県・石和温泉
東日本大震災により、本年の海外研修を自粛
2010年 アメリカ(ラスベガス)
宮城県・気仙沼
2009年 オーストラリア(ゴールドコースト)
富士箱根伊豆
2008年 台北
伊勢神宮
2007年 上海
ソウル・済州島
ハワイ
新潟・瀬波温泉
2006年 ロサンゼルス・ラスベガス
北京
鴨川・横浜
2005年 ハワイ
ラスベガス
2004年 イタリア(ローマ・フィレンツェ)
2003年 9.11 同時多発テロのためニューヨーク中止
SARS 感染危機により台湾中止
飛騨高山へ
2002年 ハワイ
2001年 ラスベガス
2000年 オーストラリア(シドニー・ケアンズ)
1999年 ロサンゼルス・ラスベガス
1998年 サンフランシスコ・ラスベガス
1997年 沖縄
1996年 香港・マカオ
1995年 ハワイ
1994年 インドネシア(バリ島)
1993年 広島
1992年 サイパン
1991年 タイ(バンコク・プーケット)
1989年 韓国ソウル

サービスService