土木学会研究発表

ストックマネジメント事業における地上型3次元レーザースキャナとGISを用いた解析手法

第一測工㈱ 情報システム部は、平成20年2月1日に開催された 「平成19年度土木学会関東支部栃木会 技術研究発表会」において、上記の研究発表をさせて頂きました。

 

研究発表の要旨――『ライフサイクルコストの低減、アカウンタビリティの向上』

3次元レーザースキャナの活用により…

①1,400万点の座標データを取得し、明確な数的根拠を示すことに成功
→数値的な機能診断の実現
→定量的かつ客観的で正確な評価を行うことができる

また、定期点検により
→正確な劣化状況の把握が可能
→あらゆる角度からの検証ができる

② 1日半で計測完了
作業時間の短縮により →作業コストの大幅削減に成功

栃木県鬼怒川にかかる岡本頭首工の点群データ。これは、X、Y、Zの座標データを1400万点集めたデータである。従来の「点」の測量から「面」の測量をすることで、定量的かつ客観的で正確な評価を行うことができた。

GIS技術の活用により…

① 摩耗状況を定量的に計算、多彩な色彩表現、
② 膨大な計算処理、改修計画への高度な分析を実現


サービスService